誰もが反応してしまう゛欲を刺激するコピーとは?

欲求を刺激する

すでにメルマガ登録をされ、僕の2回の
メルマガ講座を読まれた人から 幾つかの感想をいただきました。

その一例を紹介しますと

「高橋さんメルマガ購読者の○○です。2回目の講座はとても革新的でした。
何度も文章を書いても、うまくいかず、何がいけないのだろうかと検索に検索を
重ねて高橋さんのサイトに辿り着きました。最初は自分には無理だろうなーと
少し意識して書いてみたところ、想像以上に深みのある文章を書く事ができました。」

と言うもの。

まずここで一点お伝えするならば、
人間はおかしな先入観を抱いています。

例えば、「後ろから銃を突きつけられて このビルから飛び降りて死ね」と思う時
最初に”恐怖”を感じると思います。


ではなぜ、一度も銃を撃たれた事もなければ、
ビルから飛び降りた経験も無いのに恐怖を感じるのか?

これは一つの先入観です。

周りの情報が、まるで自分が経験したかのように
情報が構築されていて その情報を元に先入観を抱いてしまうのです。

これが吉になる事もあれば、凶になる事もあります。

少なくとも何かを学ぼうとするときは マイナスだと言っても良いはずです。

「感覚的」、正確には「生理的」に反応してしまうコピー。

食欲、性欲、睡眠欲。るものですが生理的欲求と言われます。

人が生きていく為、子孫を繁栄していくために、
生まれながらにして組み込まれている欲求です。

お腹が減れば誰もが御飯を食べたいと思います。

その時の「御飯を食べたい」という欲求は
その人の脳が身体と連動して信号を出しているのです。

これは睡眠欲 性欲に関しても言える事なのです。

欲求を刺激するという事。

この欲求に対して訴えかける言葉には、
人間は誰もがほぼ共通したイメージと反応を示す事になります。

このように欲求を刺激するようなイメージを与え、欲求を刺激して行動を起こさせるというわけです。

ちなみに食欲 性欲 睡眠欲と言うは生理的欲求と言います。

つまり生きていくのに必要な欲求を生理的欲求と言うのですが
どんな商品でもこの欲求を満たす事が出来る要素がその商品にあれば
その点をアピールしていく事が効果的であり、
同時に読み手には感覚的、生理的に強い影響を与えていく事が出来るというわけです。

生理的な欲求を刺激するテクニックは絶大な効果を発揮します。
この部分は第一段階として誰もが反応してしまう(生理的欲求)ので
確実に反応してしまう欲求へのアプローチ方法です。

では次回は、 安全欲求について話をしたいと思います。

それでは、高橋でした。

読み手を引き込む事が出来る文章とは?

 

高橋です。

とくに興味も関心も持っていない人が
自然な感覚でその文章を目にした時に
その続きが読みたくて読みたくて仕方が無くなくなる。

今回はそんなコピーの書き方についてお話をしようと思います。

○セールスページで言えばヘッダー部分に該当します。

セールスレターで言えばページを開いて最初に飛び込んでくる
ヘッドコピーと呼ばれるものがあります。

メールマガジンやブログで言えば件名やその冒頭部分など、
そこでは“読み手を引き込む”という要素が必要不可欠になってきます。

いかにそこで興味を引き、関心を抱かせる事が出来るか。

ここが重要なポイントとなってきます。

 

今回のコンテンツはメルマガ読者限定ページになります。

登録は無料ですし会員コンテンツもすべてご覧いただけます。

ダイレクトレスポンスマーケティングとは何か?ポイントは何なのか?を解説していきます。

 

信也です。

前回のセミナーはどうでしたか?

かまりライティングに関して本質的な部分まで
話をしましたが…是非是非まだ見てない方は読んでおいてください。

お金も仕事も困る事のないコピーライティング講座

メルマガ会員者のみのコンテンツです。
そこで本日は
ダイレクトレスポンスマーケティングについて
話をしていこうと思います。

既に聞いた事がある人も居ると思うのですが
この由来は、メーカーが卸業者を通して
商品の販売をしていたものを ダイレクトに
リストを集めて直販する時についた名前のようです。

ダイレクトレスポンスマーケティング

短刀直入に言うと

1、リストを集める
2、リストを教育する
3、リストに売る

というだけの話です。

口で言うのは簡単な事ですが
これを実践できている人は殆どいないと思いますし
逆にちゃんとできている人は、みんなそこそこ稼げています。

まずは一番の集客。リストを集める部分が
壁であって リストは集められたものの次に教育する…という部分が
出来ていない人が目立ちます。

収集と教育さえできてしまえば
あとは自然に売れますからね。

では順番に説明していこうと思います。

まずリストを集めるという事に関しては
小手先テクニックでも十分に集める事が可能です。

ここは比較的ハードルが低いのですが問題は
教育部分です。

売る事は教育さえできていれば売る事ができますから。

つまり売る部分はこれと言って重要な要素は無い…という事です。

ダイレクトレスポンスマーケティングで重要なのは教育であるという事。

 

リストの教育を省いて
集客⇒売り込みという手段を使う人が居ますが
これでは、うまくいきません。

万が一それで物が売れるのであれば
教育という行程をはさむ事で さらに成約率は
跳ね上がるでしょう。

少なくとも登録をしてくれた人は、
無料のプレゼントなり、その発行者に
何らかの興味を持ってくれたから登録してくれているはずです。

少なくとも何かの売り込みをされる為に登録する人は居るでしょうか?

確実に居る筈もないでしょう。

ここで重要な事は信頼関係を構築する事です。

相手が何を望んでいるか?を常に感じ取り、与えていかなければいけません。

自分に必要とならない情報を与えても意味がないですからね。

これは必然的に、共感を得られる事で
自分が発信する情報が、相手の望む情報という図式が
成り立ってきます。

俗にいう「ファンにさせる」ということですね。

最初は信頼関係が無い間はあくまでも相手が主体のメッセージを発信し、
そこから信頼関係を勝ち取っていく必要があるのです。

では具体的にどうやるのか?と言うと
相手が知りたい情報や求めている情報を与えていきます。

価値を与えるという事です。

価値を与えて信頼関係を築いていくわけです。

この流れをよりスムーズにするべく
最初の収集の時点で、どういう人に
来てもらうべきかを考えなければいけません。

これからハゲの治療薬を売ろうとしていて
ハゲで悩んでいない人まで巻き込むのは、何の意味もありません。

つまり登録の時点で「とにかく誰でも良いから」みたいな
書き方をすると、全く意味のないものになってしまうのです。

どういう人に登録してもらいたいのか?

どういう人に読んで貰いたいのか?

この2つを明確にして1の段階で集客する必要性があるのです。

集める段階で絞りこんでいく…という事がとても重要です。

絞りこむという事は、相手を具体的にイメージする…という事なのです。

ただ すらすらと書いてますが

決して簡単な事では、ありません。

信頼関係は理解から生まれる。

信頼関係を築くということは難しいイメージですが

あなたの周りでも自分の理解者は何人か居る筈です。

恋人や家族そして親友。

そういった人は理解者だと思うのですが、

普通に日常生活の中でも信頼関係を構築しているのです。

つまりできない事とは違って誰でもできている事なのです。

少し身近の出来事と思い起こしてみると良いと思います。

それでは、信也でした。

信也です。

今回は私の友人でもあるU氏と一緒に作成した抗議内容です。

 

もしもあなたが「売れる」コピーや文章を書けるようになれば、
ある意味、もうあなたは“勝ち組”に入ったも同然です。

少なくとも仕事に困る事は無くなると思いますし
お金に困る事も無くなるという事です。

 

今回のコンテンツはメルマガ読者限定ページになります。

登録は無料ですし会員コンテンツもすべてご覧いただけます。

コピーライティングとアフィリエイト

コピーとアフィリエイト

信也です。

前回は、コピーを学ぶのに、ものまねからスタートすると
効果的である…という事をお伝えしました。

 

もちろんあくまでも一つの学び方の例でしたが
今回は質問が多かった内容を少しシェアしたいと思います。

 

「コピーライティングを学べば、すぐにお金を生み出せるかどうか?
一番 需要があって早く、収入に変えるにはどうすれば良いか?」

まず上記の質問に回答します。

 

短刀直入に言うと
コピーライティングのスキルを向上させれば
様々な選択肢が広がると同時に高収入を稼ぐ事ができるようになります。

一番手っ取り早いと思われるコピーライティングの3つの活かし方

1.コピーライティングを学んで、情報業界でのセールスページにキャッチコピーを手掛ける事ができる。

2.コピーライティングを学んで、アフィリエイターとしてブログやメルマガを書いて成約率の高い媒体の作成を構築できる

3.商品販売者と提携して販売ページや販促活動を行う。

 

中でも一番早いのは自分で思いのままにはじめる事ができる、
アフィリエイトだと思います。

 

既にアフィリエイトは参戦した経験がある人が居るかも
しれませんが、アフィリエイトではコピーライティングが
とても重要な役割を果たします。

 

殆ど多くの人がアフィリエイトを行うのに、
SEOやアクセスアップ SNSを使った手法などに
惑わされていますが、本質的にコピーライティングの
原理原則を理解すれば、他の事など一切覚えなくても
報酬は積み上げていく事が出来るわけです。

 

例えばほんの一例を出しますと

メルマガ読者を増やす為のブログの運営と
定期的なメルマガ発行。

 

この程度の作業だけでも、100万円程度の
お金を生み出す事が可能です。

 

とてもシンプルですが、コピーライティングさえ
学んでおけば、ほぼ確実にこれだけで、
100万円程度のお金を生み出す事が可能です。

 

しかし、殆どの人は目を疑うでしょう。

 

今では様々なアフィリエイト手法が増殖していて
あれも、これもと目を奪われている人が居ますが、
ちゃんとコピーライティングさえ学んでおくだけで
十分に魅力的な文章を書いて、読者を魅了し
それと同時に、どんどんアクセスも増え収入は右肩上がりになってきます。

 

私のクライアントの方の事例で言うと、
過去、色々なアフィリエイトノウハウに手を出してきた。

 

しかし、どれもうまくいかず、色々な手法を試してみたが
何一つ、目ぼしい利益は得られなかった。

 

私は彼に、コピーライティングを教えて、
そして私が師匠から教わった事と私の今までの経験などから
私が作り上げたノウハウとポイントを一通り教えて忠実に学んだ結果、
彼は、過去のすべてのノウハウを一切使わずコピーだけの
力で100万円を超えるアフィリエイト成果を叩き出す事に成功しました。

 

驚くほどシンプルですが
集客やセールスはコピーライティングで
左右されるわけなのです。

 

このようにコピーライティング重視の手法なら
面白い記事、読んでプラスになる記事を書いていけば、
自動的に、そのジャンルに関係するキーワードが検索エンジンに表示されたり
そのジャンルに関係が深いリンクが付いていきます。

 

結果的に記事を更新していく作業が、
SEOやアクセスアップにつながって
そのまま集客作業にも直結していくという事なのです。

 

しっかり人を魅了する文章を書く事ができれば
余計なノウハウは、何一つ必要ないということです。

 

それでは今日はこの辺で…。信也でした。

コピーライティングを学ぶ方法 その1真似る

コピーを真似る

信也です。

先日までの内容はどうでしたか?

まだ読まれてない人が居れば一度目をとおして貰えれば嬉しいです。

コピーライティングを学ぶ、勉強する

五感を刺激するコピーライティング

 

本日はコピーライティングを学びたいけど
どのようにしていけば良いか?

 

と言う事を説明していきたいと思います。

 

コピーを真似て書く練習をする

 

まず、コピーを学びたいと思う人の中には、
様々な目的があるはずです。

 

恐らくその大半は、何らかのネットビジネスで
何かを売ろうとする行為だと思うのですが
目的は、様々だと察します。

 

ここで紹介するのは、真似て書くという練習法です。

 

中には、馬鹿にするな!と思われるかも
しれませんが、真似るという事はとても有効な方法です。


これはビジネスでも
日本がアメリカから技術などを真似たり
するのと同じ事で、真似る有効性は、
長い歴史が証明しています。

 

まず反応の取れる文章が
書けない人は反応の取れる文章を読んで
真似てみて、まず書く練習を何度も行います。

 

そして自分の目的に合わせて部分的に
文字列を変えて読み返してみながら文体のおかしい所は、
どんどん書き換えていくという方法です。

 

よく情報業界でも 数多く売れた⇒コピーの反応が取れていると
認識している人が居るようですが、その大半は、
売れた理由をコピーのお蔭と、勘違いしているだけで
実は売れた要素は、もっと他にあったりします。

 

今では動画を使った ローンチと言う手法がありますが
目新しさゆえにみんなが動画、動画と騒ぎ立てていますが
実際にコピーだけでも動画マーケティング以上の成約を
叩き出す事が可能です。

 

ただ反応が取れる文章を書けるようになりたいと
コピーライティングを学ぶ為に ”真似る”という事を
お伝えしましたが、売れないコピーを幾ら写し書きしても
全く意味がない…という事なのです。

 

例えばこれをコピーライティングの世界ではなく
自動車技術に置き換えても、言える事です。
導入する価値もない欠陥だらけの商品から
技術を学んで製品化したとしても、最終的には
同じく欠陥だらけのものしか、出来上がる事がないのです。

 

もちろん真似たものを補正し、それ以上のものに変貌させる力が
あれば別ですが。

 

このように コピーを学ぶ為に
書き写す事のメリットは、もちろんありますが
書き写すための元tとなるセールスページによって
身につく力も大きく左右されていくという事なのです。

 

とくに情報業界では、
売れた要素を”コピーが上手だからだ”と
勘違いしている輩が無数に存在します。

 

私から言えば単なる”無能”としか見えません。

あえて言うと、

自分の手がけた商品がなぜ売れたのかも

把握しきれてない時点でアウトですけどね。

 

今日はこの辺で終わります。

では次回をお楽しみに。

信也です。

前回には コピーライティングは、
より五感を刺激するものだとお伝えしました。

 

そしてコピーライティングはビジネスでは
欠かせないものであるという事をお話しました。
五感を刺激するコピーライティングとビジネスの深い関連性

 

「文章力(コピーライティング)なんてどうでも良いや」と投げやりに思っている方も
居るかもわかりません。

しかし、

人を説得する文章を作成したり
売りたいものを売る為のコピーを作るとか、
それらを いつでも日常で会話するような感覚で
頭からでてくるようになれば、どれだけ有意義だと思いますか?

 

コピーライティングを学ぶ為に必要な事。

コピーを学ぶ

 

では実際にコピーライティングとは、何を学ぶと思いますか?

よく心理学やNLPや語学を学ぶと良いという事を
言う人も居るのですが、もちろん、それらもとても重要なポイントです。

しかし、

それだけではなくて、実は人間と関わりのあるもの全てが必要だという事です。

 

語学や心理学はもちろん、

宗教学や脳科学、そして哲学や歴史なども

コピーライティングには、欠かせないものになります。

 

この理由がなぜかと言うと、
人がついつい、反応してしまうようなコピーを作るには
最低でも、読み手側の思考や物事の考え方、
その心の動きを理解していなければ 反応の高い文章は書けないからです。

 

反応の高いコピーを書く為には そのターゲット層の人が
どんな常識や信念をもとに思考や考え方が
できているかを理解していなければいけません。

 

つまり、ありとあらゆる知識を入れておいた上で
目的とするターゲット層に向けて、
興味を抱いて、共感や行動しなくてはいられなくなるようなコピーを
作り出していく必要性があるのです。

 

例えば日本人の常識と
中国人の常識も違いますし
中国人とアメリカ人の常識も違います。

またアメリカの生活と日本の生活も異なってきます。

また20代と70代の人とでは思考や趣向が同じだと言えるでしょうか?

 

この辺の答えは、もう明確な事ですね。

 

つまり、それぞれのターゲット層に向けて共感や行動を得ようと思うならば
そのターゲット層の思考や趣向などの最低限の情報が必要となる訳です。

 

もちろん、異性でも全然異なってきます。

 

言葉一つ一つが与える影響力は、同じ言葉を使っても
読み手の思考や考え方、または常識概念によって
全く違うものがイメージとして、映し出されるので、全く異なってくるという事です。

 

つまり、深く追求していけば、文章と言うより
部分的な単語一つでも大きな影響力を及ぼすとという事になります。

 

コピーライティングは、ビジネスでも、何かの商品を売る事でも
アフィリエイトでも非常に強い武器となります。

 

恐らく、コピーライティングさえ学んでおけば
ネットビジネスのどの分野でも活かす事が出来るはずです。

 

また僕のコピーライティングに関する考え方は
文書のカッコよさでは、ありません。

 

文章が下手なように見えても、
相手に力強いメッセージや
相手が行動せずには居れらなくなる文章を
見た事があると思います。

 

もちろん、強くカッコよく書けるに越した事は、
ありませんが、読み手が反応するポイントを
まずは把握する事です。

 

これさえできればアフィリエイトでも
大きな成果を得る事ができますし、
何か、コンテンツの販売や自社商品の販売などを
行う場合でも 相当強い武器になる事は、言うまでもありません。

 

よくありがちなビジネスで儲ける事ができるという
小手先テクニックだけに目が走った人でも
コピーライティングを理解している人、理解していない人では
大きく結果が異なってくるという事です

 

 

一度本気になって
コピーライティングを学んでみてください。
どんなビジネスであろうと、確実に変わってくる筈です。

 

 

コピーライティングの学び方 まず最初に意識するべきことは?

コピーを学ぶ方法

少し難しい話が続いたかもしれませんが
コピーライティングを学ぶという事はとても奥が深いという事です。

 

もちろん一度に覚えようとしても到底不可能な話です。

 

この先、こちらのブログでも様々な情報を公開していきますが
日常から心掛けてほしい事は、本を読む習慣をつける事と
様々な知識をとにかく取り入れる事です。

 

映画でも良いし漫画でも良いし とにかく多くの多種多様の
情報を頭に取り入れる事です。

 

 

市場、宗教、心理学、脳科学、最近の流行まで…
普段の生活でも様々な情報が脳に入ってきますが
少し意識して色々な情報を取り入れるようにしましょう。

 

時代の流れ、現在の流行りなども重要な要素です。

 

次回は実際にコピーを学ぶ上で、効果的な方法を
紹介していきます。

 

それでは 信也でした。

 

コピーライティングとビジネスの関連性

ネットビジネスとライティング

 

高橋信也です。

本日はコピーライティングについて少し語ろうと思います。

まず 反応が取れるライティングというのは、五感を刺激するものです。
これは 視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚 という5つを意味しています。

人間はこの5つの感覚を体験して様々な情報を取り入れているのです。

 

よく聞いた事がある第六感というものもありますがこの際は
ハズしておきましょう。

そしてこれら5つの感覚には常に記憶があるはずです。

 

例えば食べ物の味もそうだし、匂い一つにしても頭の中で記憶されているはずです。

 

コピーライティングとイメージの密接な関係

 

ライティングと言えば書く事ですが
ここで重要なポイントとなるのは文章でイメージさせる事です。

つまり五感の記憶からイメージさせる文章です。

これによって読み手が文章を読む事でイメージできればそのまま
高い反応に繋がっていく…という訳です。

 

つまり おいしそうなショートケーキ
よりも
イチゴとと生クリーム溢れ
うっすらとしたイチゴの甘い匂いを漂わせているショートケーキ

どうでしょうか?

もう 明らかに後者の方がイメージして美味しそうなショートケーキをイメージできるはずです。

イチゴのショートケーキ

このように、五感を刺激する文章を書く事で反応は格段にあげる事ができるという事です。

 

動画とコピーライティングについて。

 

コピーライティングはここ最近、どの業種でも重要性が認識されて、
多種多様に使われています。

とくにネットビジネスの業界であれば通販だろうと、
情報業界であろうと、アフィリエイトだろうと
何かWEBページでアクセスしてきた人に”行動”して貰うならば
確実に必要な要素だという事です。

WEBページで相手を動かすきっかけとなるのは文章です。

 

中には、「動画は文章よりも効果的だ」

そんな事を言う人も増加しているわけですが、私は勿論否定しません。

ただ一つ把握しておいて欲しい事は、
動画も一つの手段ですが、コピーライティングの
原理原則を理解してなければ、反応の取れる動画を作る事は、
到底不可能だからです。

映画にも台本があるように、しっかりと
何を喋るのかは全て文章で構成され、それを”音声”というもので
相手に伝えるわけです。

つまり文書の反応無くして、動画の反応など得られる筈が無いのです。

全ての原点はコピーライティングありきなのです。

それでは本日は、この辺で。