バーナム効果とコピーライティングとビジネス

占い師が得意なバーナム効果とコピーライティング

 

バーナム効果

こんばんわ。

信也です。

本日はバーナム効果…と言うテーマで
話を進めていきたいと思います。

 

 

一体バーナム効果とは何なのか?

バーナム効果とは”占い”などがありますよね。
よくあるのは、星座占いとか。

ついつい雑誌の占いコーナーを見てしまうのは、
小学生の頃からずっとやっています(笑)

 

「あ!この本の占い当たっているな!」と
心の中で大声を出した経験があるのでは、ないでしょうか?

 

よくありがちな バーナム効果を用いた手法は、
誰にでも当てはまるかのような事を書いて、
読んでいる人間を納得させているのです。

 

実は血液型による性格に関しても言える事です。

 

A型は几帳面と言われてますが
殆どの人が几帳面と言う部分を持っている筈です。

 

また B型と言うと自己中心的、O型は八方美人とも
言われていますが 血液型に関係なく、
自己中心的な側面もあれば八方美人という部分も
当然あるはずです。

 

既に今読まれている、あなたも血液型の性格診断は
正しいものだと思い込んでいるかもしれません。

 

バーナム効果に対する疑問

 

同じ人間だからこそ、共通している部分とは数多くあります。

先程もお伝えしたように几帳面な側面…と言うのは、誰にでもあります。

 

 

人はその時代のその社会で成育するので、
その文化を受けて内部に取り込みます。

 

言語も、その理解も、他人の行動や物理的な存在や思考、
変化についての理解の方法も、自分の育つ文化で学んだものなのです。

つまり、感情や思考、行動の傾向もかなり似てしまうという事なのです。

 

個性というのは、その中で似ていない部分を
選んでいるような部分もあるのです。

 

多くの人が、似た要素、似た面を少しは持っているという事です。

少し持っていても、それを自分のメインの性格や傾向とは思いません。

 

むしろ、それを持っていないと思い込んでいることもあります。

 

つまり手の内をバラせば
ある指摘「あなたには強欲なところがある」
「あなたは心やさしい人に惹かれる」
「実は、救われたいと心の底では思ってい る」
「嫌いな人間がいなくなればいいと、潜在意識の中で思っている」

などと言われた場合に、
その指摘をしてきた人が思いつきで話したり、
いい加減そうな信用で きない人が指摘してきたら
笑い飛ばすのではないでしょうか?

 

 

しかし、何か、心理に詳しいような人、専門家や
人の心を見抜く能力の持っていそうに感じる人から、
もっともらしく指摘された場合には、
(それを納得しよう とする気持ちも働いて)
賛同したり、そんな事もあるのかと、納得してしまうと思います。

 

では占い師で話をすれば、どういう思考が働くかも
説明する必要もありませんね。

 

このバーナム効果をうまく使う事が出来れば
高い共感を得られる事ができます。

 

つまり、バーナム効果を意識してコピーを書けば、
読み手は、反応し共感を抱きやすくなります。

「今、ここまで読まれているあなたは…○○ですよね?」
「きっと今、あなたは、○○だと思っていますよね?」

と言う文章をよく見かけた人も多いと思います。

 

こういった文章で読み手に語り掛け、そして
納得させてしまうと言うのは、とても効果的なので
覚えておいてください。

 

PS

実は本日、少し余談ですが
文章を書く…という事でも またいつものコピーライティングとは
少し変わった面白いビジネスがあります。A4用紙の紙1枚にある事を書く…
というビジネススキームで、物の売買なども一切必要ないというものです。

 

一応これもコピーライティングとは言いませんが”文字”で稼ぐというスキームです。

 

実はこれを教えている人は結構有名な人で、よくありがちな嘘と偽物ではないので
一度目を通してみてください。コピーライティング…と言う程のものとは
異なりますが、これもコピーの力があれば比較的楽勝で結果を出せるビジネスです。
目を通すだけでも一度通して貰えればと思います。

A4用紙に文章をまとめる 驚くべき新しいビジネスモデル

 

 

 

私のブログではライティングに関わる文章術を公開しています。
コミュニケーションでもビジネスでも、絶大な効果を得られる、
コピーライティングをこの機会に是非目を通してみてください。
力強い文章 臨場感があり説得力のある文章を書く方法を
公開しています。

高橋信也のコピーライティング講座全記事一覧はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加