売れるコピーライティングに重要となる3つの要素と1つの視点

どうも高橋です。

売れるコピーライティング力を身に付ければ、
一体あなたは、どれだけ変わる事ができるのか。

本日はそんなテーマで記事を書いてみたいと思います。

まず今現在、アフィリエイト活動を
されているならば、ほぼ確実に収入を
生み出す事ができるようになります。

今、どれだけ悲惨な状態で
色々なノウハウを取組もうとして
四苦八苦していようとも、ほぼ確実な線で
しっかりと売り上げ、利益を伸ばし続ける事が
できるようになる筈です。

これは私が元々、集客、SEOを追及していた頃、
どう足掻いても、うまく事は進みませんでしたが
コピーライティングを学ぶ事でしっかりと
収入を構築する事ができています。

むしろ、ここでは、
集客もSEOも不要で、あなたが書いた文章に
人が集まってくるというわけです。

つまり殆どの人は私から言わせると、
一番ネットビジネスで大事な部分を飛び越えて
しまっているというわけです。

しかししっかりとコピーを学べば、
アフィリエイトでも7桁収入を生み出す事も
余裕で可能ですし、自分で何か商品を
販売するとしても、”自然に人が集まり売れるページ”を
作る事が可能になります。

もちろん、売るものにより、その数字の変動は、
ありますが、少なからず、生きていくだけのお金は、
一生困る事は、無い筈です。

売れる文章の書き方

コピーライティングというものは
適切なトレーニングをやればやるだけ、
どんどんスキルアップするわけです。


とにかく自分で読む、そして書く事。これを
どんどん繰り返す事で、そのスキルの向上に繋がります。

では実際に売れる文章を書くには
どうやれば良いか。

その為にまず必須となるのは、
売れる商品がある事が前提なのは言うまでもありません(笑

そしてその商品を理解する。
つまりセールスページ、商品ページを読み
どういった人に向けて書かれているものか。

そして、その商品を買うであろう属性、つまり
ターゲット層を把握するという事が重要なポイントとなります。

これらを理解した上で、より商品価値を引き上げる
表現を行う事が重要となってきます。

実は、コピーを勉強すると言っても、
結果として売るものが無ければ始まりません。

むしろ、売る商品があって、
その知識、そしてターゲット層などを
見越した上で書きだす事が全てなのです。

どれだけコピーライティングの書籍や
ノウハウを買い漁って暗記しているだけでは
全く意味がありません。

その商品を知り、
どういう人をターゲットに向けたものか。

その辺をしっかり把握してこそ
売れるコピーを書く事ができるというわけです。

つまり、何を売るにしても結果的に
その商品の強みや対象者層などを
明確にイメージできなければ、文章を作る事ができませんからね^^。

少なくとも商品の強みを理解してない人が
売れるコピーを書ける理由がありませんし、
その商品の対象者層がイメージできなければ
売れるコピーが書けないのです。

”誰に対してメッセージを発するのか”

まさにこれは、その商品を必要とするであろう
属性の人が対象になるわけです。

この人達をイメージして書かない限り
その人達が欲しい、必要だと思うコピーを書く事が
できない事は、言うまでもありません。

そして、その商品の魅力だけを伝えるのではなく、
その商品を導入した際に得られるであろうメリットを伝えるという事。

これこそが「商品の価値」を引き上げる掴み部分となるわけです。

3つの重要なポイント

つまりまとめていくと、

上辺だけのテクニックよりも売れる文章を書く時には、
その商品特徴を徹底的に理解する必要がある。

そしてその売る商品の特徴から、ターゲット層を見極める。

そして最後はその商品の特徴から割り出した、
ターゲット層が得られるメリットを伝えてあげるという事です。

それでは、高橋でした。

私のブログではライティングに関わる文章術を公開しています。
コミュニケーションでもビジネスでも、絶大な効果を得られる、
コピーライティングをこの機会に是非目を通してみてください。
力強い文章 臨場感があり説得力のある文章を書く方法を
公開しています。

高橋信也のコピーライティング講座全記事一覧はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加