トレンドアフィリエイトで稼ぐコツ 文章力を鍛える。コピーライティングは必要なのか?

信也です。

本日の話題はトレンドアフィリエイトに
コピーライティング、文章力は必要なのかという話題でいこうと思います。

 

 

トレンドアフィリエイトとコピーライティングの密接な関係

トレンドアフィリエイト

トレンドキーワードの商品の大半が
コピーライティング一切不要というような
言い回しで売られています。
まずそこに率直な回答を述べると
無くてもできるが、あるに越した事はない…と言うのが率直な意見です。

 

トレンドアフィリエイトとは言え、
やはり「文章力」はあるに越した事はありません。

 

最低でも今、ここでお伝えできることと言えば
ライティング力があればより稼げるという事は紛れも無い事実なのです。

 

例えば誰かがアクセスしてきて
面白い情報、ようは書くネタがあったとしても
最終的にそれを伝える事と言うのは
文章なのです。

 

例えどんな情報を書こうと
日々の日記を書こうとしても最終的には
文章なのです。

 

 

同じ文章でも
共感、感動、や喜びや悲しみといった
感情を刺激するもののほうが
読み手にも価値を与えられるというものでは、
ないでしょうか?

 

少なくともアドセンスの広告までは
クリック誘導させる事ができませんが
アドセンスのサイトコンテンツの中にも
商品の紹介などを挟む状況は出てくる筈です。

 

 

そういった場合でも

100アクセス、200アクセスでようやく1本の成約が取れる記事。

しかし、コピーライティングというスキルによって
その記事は文章1つで売上が2倍にも3倍にも跳ね上がる訳です。

 

 

時間にしてほんの数分で終わるようなポイント修正のみでも
その反応率は数%単位でいとも簡単に変化していくわけです。

 

 

ただトレンドアフィリエイトの教材は
数で勝負、後は運といった部分があります。

 

 

それで稼げるのですから、どうでも良い事ですが
全くと言っていいほどライティングについてのスキルがありません。

 

 

むしろそこに力を入れれば
売上は格段に引きあがります。

 

 

もちろん文章力不要と言謳って販売しているので
コピーライティングについての言及は
そのマニュアル内では出来ないのだと思いますが。

 

 

確かにそれで稼げるのは事実なのでかまわないですが
私としては、非常に勿体ないの一言なのです。

 

 

そういう教材を購入した人はアフィリエイトはそういうものだと思い、
まさに「運任せ」の記事をひたすら更新し続けてしまいかねません。

 

 

実は、幾つかのポイントを押さえるだけで、
簡単にその商品を「欲しい」と思わせられたり、
その商品の信憑性を感じさせる事が容易にできるのに
その商品へ興味や関心を抱かせる事ができるのに、
やってない。

 

あるいは、自分にはコピーライティングなんて
必要ないとか自分には無理だと遠ざけているのです。

 

 

しかしSEOや小手先の集客方法を学んで挫折する時間を
考慮すれば どんどん確実にスキルが高くなってくる筈です。

 

 

そうする事で確実に自分のサイトのクオリティが
どんどん引きあがりますし、目に見えてアクセスも
PVも増加しその結果、成約率も引きあがってくる筈です。

 

 

知る事と知らない事の違いは本当に大きいという事です。

 

ただこういう事でも知る事と知らない事だけで
大幅に収入が変化する訳ですから。

 

恐らく、今、何かのアフィリエイトを取組みながら
文章力など意識せずに、”ただ書くだけ”で
ライティング力を無視しているようであれば
ライティングを少し学んでいくという労力だけで
どんどん アクセスもPVも目に見えて変わってくる筈です。

 

物販であろうが情報商材だろうがアドセンスであろうが
どのアフィリエイトにしても同じ事で、
やはり人にモノを売る以上は文章力はあるに越した事はないのです。

 

 

文章1つでそのサイトへの興味も変わるし
興味を持ってもらえる確率が変われば、
それだけでアフィリエイトリンクへの誘導率や
クリック率なども大幅に変化して最終的には
売上にも大きく変貌してくるという事です。

つまり確実にいえる事は、ライティング力はやはりあった方がいいわけです。

ただトレンドキーワードでアクセスを集めれば、
日記レベルの他愛のない記事でも稼げてしまう。

 

これは事実でしょう。

 

 

これがトレンドアフィリエイトのウリでもありますから。

しかし、それは嘘でないとしても、

重要なポイントは、文章力があればもっと稼げる。

 

 

これもまた紛れも無い事実であるという事です。

 

また、アドセンスの広告でも同じ事が言えて
精読率が高いほど、露出度、露出回数が増加します。

 

 

おそらく記事の冒頭、文末に広告を入れていると
思うのですが最終的にはPVと滞在時間の増加により
クリック確率が変動するという事です。

 

 

しかし、検索ワードは様々で求めてない情報である場合が
あったとしても ヘッドでしっかり顧客に興味を引かせる事が
できたならば、通常はでていく人までも、自分の記事を
読ませてしまう事が可能となるのです。

 

 

これはヤフーなどのトップページで
元々、見る気もなかったけど 「え?何それ」と
見てしまう事がよくよくあると思うのですが、まさにそれと
ほぼ同じ現象です。

 

そういった工夫は施されてますか?

本日はここまで。

それでは、また次回をお楽しみに。

私のブログではライティングに関わる文章術を公開しています。
コミュニケーションでもビジネスでも、絶大な効果を得られる、
コピーライティングをこの機会に是非目を通してみてください。
力強い文章 臨場感があり説得力のある文章を書く方法を
公開しています。

高橋信也のコピーライティング講座全記事一覧はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加