どうも高橋です。

売れるコピーライティング力を身に付ければ、
一体あなたは、どれだけ変わる事ができるのか。

本日はそんなテーマで記事を書いてみたいと思います。

まず今現在、アフィリエイト活動を
されているならば、ほぼ確実に収入を
生み出す事ができるようになります。

今、どれだけ悲惨な状態で
色々なノウハウを取組もうとして
四苦八苦していようとも、ほぼ確実な線で
しっかりと売り上げ、利益を伸ばし続ける事が
できるようになる筈です。

これは私が元々、集客、SEOを追及していた頃、
どう足掻いても、うまく事は進みませんでしたが
コピーライティングを学ぶ事でしっかりと
収入を構築する事ができています。

むしろ、ここでは、
集客もSEOも不要で、あなたが書いた文章に
人が集まってくるというわけです。

つまり殆どの人は私から言わせると、
一番ネットビジネスで大事な部分を飛び越えて
しまっているというわけです。

しかししっかりとコピーを学べば、
アフィリエイトでも7桁収入を生み出す事も
余裕で可能ですし、自分で何か商品を
販売するとしても、”自然に人が集まり売れるページ”を
作る事が可能になります。

もちろん、売るものにより、その数字の変動は、
ありますが、少なからず、生きていくだけのお金は、
一生困る事は、無い筈です。

売れる文章の書き方

コピーライティングというものは
適切なトレーニングをやればやるだけ、
どんどんスキルアップするわけです。


とにかく自分で読む、そして書く事。これを
どんどん繰り返す事で、そのスキルの向上に繋がります。

では実際に売れる文章を書くには
どうやれば良いか。

その為にまず必須となるのは、
売れる商品がある事が前提なのは言うまでもありません(笑

そしてその商品を理解する。
つまりセールスページ、商品ページを読み
どういった人に向けて書かれているものか。

そして、その商品を買うであろう属性、つまり
ターゲット層を把握するという事が重要なポイントとなります。

これらを理解した上で、より商品価値を引き上げる
表現を行う事が重要となってきます。

実は、コピーを勉強すると言っても、
結果として売るものが無ければ始まりません。

むしろ、売る商品があって、
その知識、そしてターゲット層などを
見越した上で書きだす事が全てなのです。

どれだけコピーライティングの書籍や
ノウハウを買い漁って暗記しているだけでは
全く意味がありません。

その商品を知り、
どういう人をターゲットに向けたものか。

その辺をしっかり把握してこそ
売れるコピーを書く事ができるというわけです。

つまり、何を売るにしても結果的に
その商品の強みや対象者層などを
明確にイメージできなければ、文章を作る事ができませんからね^^。

少なくとも商品の強みを理解してない人が
売れるコピーを書ける理由がありませんし、
その商品の対象者層がイメージできなければ
売れるコピーが書けないのです。

”誰に対してメッセージを発するのか”

まさにこれは、その商品を必要とするであろう
属性の人が対象になるわけです。

この人達をイメージして書かない限り
その人達が欲しい、必要だと思うコピーを書く事が
できない事は、言うまでもありません。

そして、その商品の魅力だけを伝えるのではなく、
その商品を導入した際に得られるであろうメリットを伝えるという事。

これこそが「商品の価値」を引き上げる掴み部分となるわけです。

3つの重要なポイント

つまりまとめていくと、

上辺だけのテクニックよりも売れる文章を書く時には、
その商品特徴を徹底的に理解する必要がある。

そしてその売る商品の特徴から、ターゲット層を見極める。

そして最後はその商品の特徴から割り出した、
ターゲット層が得られるメリットを伝えてあげるという事です。

それでは、高橋でした。

PASONAの法則とは?

PASONA

高橋です。

ネットビジネスをされている人であれば
PASONAの法則という言葉を聞いた事がある人も
多いのでは、ないでしょうか?

どういう意味があるかと言うと
以下のような図式になっています。

 

PASOPNA パソナの法則の詳細

P:Problem(問題を提起)

A:Agitation(問題の描写)

SO:Solution(解決策の提示)

N:Narrow down(緊急性)

A:Action(行動)

 

なんとなく、お分かりいただけたでしょうか?

まずは問題を指摘し、その具体的な描写をイメージさせ、その解決策を提示する。

そして、それが今しか手に入らないものである事を伝え、行動させる。
情報商材のセールスレターなどでも
この流れで書かれているものは数多くあります。

また商品の紹介などをする場合でも
この法則に沿って文章を作成すれば
かなりの反応で売れるといった事例もあります。

 

まあこれも どのように書くかは、
コピーライティングのジャンルになるのですが
このような事は、既に知っている人も多いと思います。

 

しかし、知っていても、殆どの人が文章力を鍛えようとせず
すぐにアクセスや見栄え…と言う方向性に走っているのです。

 

少なくともネットでビジネスを行う上で重要となる文章。

何を説明するのでも 文章は必要不可欠です。

 

そんな大事なものを通り越して 適当な文章で幾ら
サイトやブログ記事を量産したところで、何か効果があるのでしょうか?

 

以前にも、コピーライティング、ようは文章力の重要性は
存分に伝えてきたはずです。

 

しかし、目先の方法論ばかりに先に目が血走るという事は、
文章なんて関係ないだろ…と心のどこか奥底で認識していて、
方法論、つまり物真似をすれば稼げるという期待感が
頭のどこかにあるからだと思います。

 

しかし、何度もお伝えしている通り、重要なのは
ノウハウ以前に文章力なのです。

 

くどいようですが、これは事実です。

 

「そんな簡単に変わる訳ないだろうなー」と読んでいるあなたは、
そう思っているかもしれません。

 

まず、ネットで本当に稼ぎたいなら、その考えを完全に捨て
まずは、ノウハウの前、あるいは同時にでもコピーライティングを
学んでおくべきです。

 

 

コピーを学ぶ事は一生の財産になりますし、
今、私の言う事を真に受けるか受けないかでも
大きく変わってくる筈です。

 

それでは信也でした。
いつでも分からない事や質問など御座いましたら遠慮なく連絡してください。

 

 

高橋です。

本日は以前にも紹介した
真似るという事について一つ書き足しておこうと思います。

コピーライティングは真似れば良い…、
例えば、売れているセールスページを
ただ真似るだけで反応が取れると勘違いされている方が
居るので今回の記事を書く事にしました。

間違いだらけのコピーライティング

 

まず確かに”練習になる”というのは、
ほぼ間違いありません。

 

しかし、その物真似で作り上げたものが
最大の効果を発揮するかと言うと、
そんな事は、ありません。

 

所詮、物真似は物真似です。

 

 

つまり物真似で練習はできるが

最大のコピーを作るには、

反応の高い文章を真似るだけでなく

なぜ反応が高い文章になったのかを研究する事が

一番重要だと言う事です。

 

ロバートコリアー氏、Robert Collierはご存知でしょうか。

彼はこのように言っています。

コピーライターの多くが
効果があったレターの言いまわしをマネれば、
そのレターも効果があるはずだと勘違いしている。

大間違いだ。

言いまわしは重要ではない。
効果があったレターを裏づけているアイデアを
どう手に入れるかが重要なのだ

これには私自信も賛同する名言であり、
コピーライティングを学んでいる人は
肝に銘じておくべき言葉です。

 

コピーライティングロバートコーリアの書籍

 

尚、ロバートさんの書籍はこちら。

実はコピーを学ぶのに良い書籍があるのか?という
読者さんからのメールを頂いたのと同時に、
そのメールの中にこの書籍について、聞かれたので
少し書いておきます。


この書籍のレビューになってしまいますが
この書籍に関しては、コピーを今後学んでいこう!と
言う人が読むべき書籍では、ありません。

 

 

その理由としてはテクニックやノウハウが
書かれているわけでは、ないからです。

 

 

ある程度コピーライティングを学び、そして
自分のコピーが正しいかを照らし合わせながら
読んでおくべき書籍と言えるでしょう。

 

 

コピーライティングの学び方はそれぞれです。
元々、持っていた感性というものが多少は
影響しますので、例え、1からスタートと言っても
個人差は応じてきます。

 

 

ただ、文章を読み書きする事ができるのであれば
必ずマスターする事ができます。

 

 

私の投稿を見て、
中にはコピーライティングなんて
関係ないと感じた人の大半は、
ろくにネットで稼げていないと100%断言できます。

 

 

そのくらいコピーライティングが重要なものなのか?という事です。

 

 

文章で相手の心を刺激する事ができたならば
前にもお伝えしたように、ほぼどんなビジネスであろうと
業績を伸ばす事ができるようになります。

 

 


正しい方法でコピーライティングを学び、
そして正しいコピーライティングの活かし方をやっていきましょう。

 

本日は以上となります。

高橋信也でした。

信也です。

本日の話題はトレンドアフィリエイトに
コピーライティング、文章力は必要なのかという話題でいこうと思います。

 

 

トレンドアフィリエイトとコピーライティングの密接な関係

トレンドアフィリエイト

トレンドキーワードの商品の大半が
コピーライティング一切不要というような
言い回しで売られています。
まずそこに率直な回答を述べると
無くてもできるが、あるに越した事はない…と言うのが率直な意見です。

 

トレンドアフィリエイトとは言え、
やはり「文章力」はあるに越した事はありません。

 

最低でも今、ここでお伝えできることと言えば
ライティング力があればより稼げるという事は紛れも無い事実なのです。

 

例えば誰かがアクセスしてきて
面白い情報、ようは書くネタがあったとしても
最終的にそれを伝える事と言うのは
文章なのです。

 

例えどんな情報を書こうと
日々の日記を書こうとしても最終的には
文章なのです。

 

 

同じ文章でも
共感、感動、や喜びや悲しみといった
感情を刺激するもののほうが
読み手にも価値を与えられるというものでは、
ないでしょうか?

 

少なくともアドセンスの広告までは
クリック誘導させる事ができませんが
アドセンスのサイトコンテンツの中にも
商品の紹介などを挟む状況は出てくる筈です。

 

 

そういった場合でも

100アクセス、200アクセスでようやく1本の成約が取れる記事。

しかし、コピーライティングというスキルによって
その記事は文章1つで売上が2倍にも3倍にも跳ね上がる訳です。

 

 

時間にしてほんの数分で終わるようなポイント修正のみでも
その反応率は数%単位でいとも簡単に変化していくわけです。

 

 

ただトレンドアフィリエイトの教材は
数で勝負、後は運といった部分があります。

 

 

それで稼げるのですから、どうでも良い事ですが
全くと言っていいほどライティングについてのスキルがありません。

 

 

むしろそこに力を入れれば
売上は格段に引きあがります。

 

 

もちろん文章力不要と言謳って販売しているので
コピーライティングについての言及は
そのマニュアル内では出来ないのだと思いますが。

 

 

確かにそれで稼げるのは事実なのでかまわないですが
私としては、非常に勿体ないの一言なのです。

 

 

そういう教材を購入した人はアフィリエイトはそういうものだと思い、
まさに「運任せ」の記事をひたすら更新し続けてしまいかねません。

 

 

実は、幾つかのポイントを押さえるだけで、
簡単にその商品を「欲しい」と思わせられたり、
その商品の信憑性を感じさせる事が容易にできるのに
その商品へ興味や関心を抱かせる事ができるのに、
やってない。

 

あるいは、自分にはコピーライティングなんて
必要ないとか自分には無理だと遠ざけているのです。

 

 

しかしSEOや小手先の集客方法を学んで挫折する時間を
考慮すれば どんどん確実にスキルが高くなってくる筈です。

 

 

そうする事で確実に自分のサイトのクオリティが
どんどん引きあがりますし、目に見えてアクセスも
PVも増加しその結果、成約率も引きあがってくる筈です。

 

 

知る事と知らない事の違いは本当に大きいという事です。

 

ただこういう事でも知る事と知らない事だけで
大幅に収入が変化する訳ですから。

 

恐らく、今、何かのアフィリエイトを取組みながら
文章力など意識せずに、”ただ書くだけ”で
ライティング力を無視しているようであれば
ライティングを少し学んでいくという労力だけで
どんどん アクセスもPVも目に見えて変わってくる筈です。

 

物販であろうが情報商材だろうがアドセンスであろうが
どのアフィリエイトにしても同じ事で、
やはり人にモノを売る以上は文章力はあるに越した事はないのです。

 

 

文章1つでそのサイトへの興味も変わるし
興味を持ってもらえる確率が変われば、
それだけでアフィリエイトリンクへの誘導率や
クリック率なども大幅に変化して最終的には
売上にも大きく変貌してくるという事です。

つまり確実にいえる事は、ライティング力はやはりあった方がいいわけです。

ただトレンドキーワードでアクセスを集めれば、
日記レベルの他愛のない記事でも稼げてしまう。

 

これは事実でしょう。

 

 

これがトレンドアフィリエイトのウリでもありますから。

しかし、それは嘘でないとしても、

重要なポイントは、文章力があればもっと稼げる。

 

 

これもまた紛れも無い事実であるという事です。

 

また、アドセンスの広告でも同じ事が言えて
精読率が高いほど、露出度、露出回数が増加します。

 

 

おそらく記事の冒頭、文末に広告を入れていると
思うのですが最終的にはPVと滞在時間の増加により
クリック確率が変動するという事です。

 

 

しかし、検索ワードは様々で求めてない情報である場合が
あったとしても ヘッドでしっかり顧客に興味を引かせる事が
できたならば、通常はでていく人までも、自分の記事を
読ませてしまう事が可能となるのです。

 

 

これはヤフーなどのトップページで
元々、見る気もなかったけど 「え?何それ」と
見てしまう事がよくよくあると思うのですが、まさにそれと
ほぼ同じ現象です。

 

そういった工夫は施されてますか?

本日はここまで。

それでは、また次回をお楽しみに。

信也です。

前回には コピーライティングは、
より五感を刺激するものだとお伝えしました。

 

そしてコピーライティングはビジネスでは
欠かせないものであるという事をお話しました。
五感を刺激するコピーライティングとビジネスの深い関連性

 

「文章力(コピーライティング)なんてどうでも良いや」と投げやりに思っている方も
居るかもわかりません。

しかし、

人を説得する文章を作成したり
売りたいものを売る為のコピーを作るとか、
それらを いつでも日常で会話するような感覚で
頭からでてくるようになれば、どれだけ有意義だと思いますか?

 

コピーライティングを学ぶ為に必要な事。

コピーを学ぶ

 

では実際にコピーライティングとは、何を学ぶと思いますか?

よく心理学やNLPや語学を学ぶと良いという事を
言う人も居るのですが、もちろん、それらもとても重要なポイントです。

しかし、

それだけではなくて、実は人間と関わりのあるもの全てが必要だという事です。

 

語学や心理学はもちろん、

宗教学や脳科学、そして哲学や歴史なども

コピーライティングには、欠かせないものになります。

 

この理由がなぜかと言うと、
人がついつい、反応してしまうようなコピーを作るには
最低でも、読み手側の思考や物事の考え方、
その心の動きを理解していなければ 反応の高い文章は書けないからです。

 

反応の高いコピーを書く為には そのターゲット層の人が
どんな常識や信念をもとに思考や考え方が
できているかを理解していなければいけません。

 

つまり、ありとあらゆる知識を入れておいた上で
目的とするターゲット層に向けて、
興味を抱いて、共感や行動しなくてはいられなくなるようなコピーを
作り出していく必要性があるのです。

 

例えば日本人の常識と
中国人の常識も違いますし
中国人とアメリカ人の常識も違います。

またアメリカの生活と日本の生活も異なってきます。

また20代と70代の人とでは思考や趣向が同じだと言えるでしょうか?

 

この辺の答えは、もう明確な事ですね。

 

つまり、それぞれのターゲット層に向けて共感や行動を得ようと思うならば
そのターゲット層の思考や趣向などの最低限の情報が必要となる訳です。

 

もちろん、異性でも全然異なってきます。

 

言葉一つ一つが与える影響力は、同じ言葉を使っても
読み手の思考や考え方、または常識概念によって
全く違うものがイメージとして、映し出されるので、全く異なってくるという事です。

 

つまり、深く追求していけば、文章と言うより
部分的な単語一つでも大きな影響力を及ぼすとという事になります。

 

コピーライティングは、ビジネスでも、何かの商品を売る事でも
アフィリエイトでも非常に強い武器となります。

 

恐らく、コピーライティングさえ学んでおけば
ネットビジネスのどの分野でも活かす事が出来るはずです。

 

また僕のコピーライティングに関する考え方は
文書のカッコよさでは、ありません。

 

文章が下手なように見えても、
相手に力強いメッセージや
相手が行動せずには居れらなくなる文章を
見た事があると思います。

 

もちろん、強くカッコよく書けるに越した事は、
ありませんが、読み手が反応するポイントを
まずは把握する事です。

 

これさえできればアフィリエイトでも
大きな成果を得る事ができますし、
何か、コンテンツの販売や自社商品の販売などを
行う場合でも 相当強い武器になる事は、言うまでもありません。

 

よくありがちなビジネスで儲ける事ができるという
小手先テクニックだけに目が走った人でも
コピーライティングを理解している人、理解していない人では
大きく結果が異なってくるという事です

 

 

一度本気になって
コピーライティングを学んでみてください。
どんなビジネスであろうと、確実に変わってくる筈です。

 

 

コピーライティングの学び方 まず最初に意識するべきことは?

コピーを学ぶ方法

少し難しい話が続いたかもしれませんが
コピーライティングを学ぶという事はとても奥が深いという事です。

 

もちろん一度に覚えようとしても到底不可能な話です。

 

この先、こちらのブログでも様々な情報を公開していきますが
日常から心掛けてほしい事は、本を読む習慣をつける事と
様々な知識をとにかく取り入れる事です。

 

映画でも良いし漫画でも良いし とにかく多くの多種多様の
情報を頭に取り入れる事です。

 

 

市場、宗教、心理学、脳科学、最近の流行まで…
普段の生活でも様々な情報が脳に入ってきますが
少し意識して色々な情報を取り入れるようにしましょう。

 

時代の流れ、現在の流行りなども重要な要素です。

 

次回は実際にコピーを学ぶ上で、効果的な方法を
紹介していきます。

 

それでは 信也でした。

 

コピーライティングとビジネスの関連性

ネットビジネスとライティング

 

高橋信也です。

本日はコピーライティングについて少し語ろうと思います。

まず 反応が取れるライティングというのは、五感を刺激するものです。
これは 視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚 という5つを意味しています。

人間はこの5つの感覚を体験して様々な情報を取り入れているのです。

 

よく聞いた事がある第六感というものもありますがこの際は
ハズしておきましょう。

そしてこれら5つの感覚には常に記憶があるはずです。

 

例えば食べ物の味もそうだし、匂い一つにしても頭の中で記憶されているはずです。

 

コピーライティングとイメージの密接な関係

 

ライティングと言えば書く事ですが
ここで重要なポイントとなるのは文章でイメージさせる事です。

つまり五感の記憶からイメージさせる文章です。

これによって読み手が文章を読む事でイメージできればそのまま
高い反応に繋がっていく…という訳です。

 

つまり おいしそうなショートケーキ
よりも
イチゴとと生クリーム溢れ
うっすらとしたイチゴの甘い匂いを漂わせているショートケーキ

どうでしょうか?

もう 明らかに後者の方がイメージして美味しそうなショートケーキをイメージできるはずです。

イチゴのショートケーキ

このように、五感を刺激する文章を書く事で反応は格段にあげる事ができるという事です。

 

動画とコピーライティングについて。

 

コピーライティングはここ最近、どの業種でも重要性が認識されて、
多種多様に使われています。

とくにネットビジネスの業界であれば通販だろうと、
情報業界であろうと、アフィリエイトだろうと
何かWEBページでアクセスしてきた人に”行動”して貰うならば
確実に必要な要素だという事です。

WEBページで相手を動かすきっかけとなるのは文章です。

 

中には、「動画は文章よりも効果的だ」

そんな事を言う人も増加しているわけですが、私は勿論否定しません。

ただ一つ把握しておいて欲しい事は、
動画も一つの手段ですが、コピーライティングの
原理原則を理解してなければ、反応の取れる動画を作る事は、
到底不可能だからです。

映画にも台本があるように、しっかりと
何を喋るのかは全て文章で構成され、それを”音声”というもので
相手に伝えるわけです。

つまり文書の反応無くして、動画の反応など得られる筈が無いのです。

全ての原点はコピーライティングありきなのです。

それでは本日は、この辺で。